CONTENTS

お勧めのページ

信用取引とは自分の信用を担保として、持っている資金以上に株式の投資を行なうことです。自分の信用とは資金や株式などのことをさします。

信用取引とは何か


信用取引というのは、自分が持っているお金以上の金額の株取引を許可してもらえる証券会社のシステムのことです。これによって、少ない資金であっても高額な取引ができるようになって、より多くの利益を確定させることができます。ただ、損が出た場合にはもちろんその損の額も増えることになるので注意が必要です。初心者はあまり手を出さないようにするのがいいとされていますが、多くの証券会社では初心者は信用口座を作ることができないのであまり気にしなくてもいいでしょう。 信用取引では、レバレッジを三倍までかけることができます。信用口座でなら、株の空売りをすることもできます。これによって、トレンドが下降線をたどっているときにでも大きな利益を出すことが可能です。通常の発注方法と組み合わせると、いろいろな戦略が立てられるので取引方法にも幅が出ます。工夫をすることで、利益を多くしたり損失を減らしたりすることができて便利です。手数料が無料になる信用口座もありますから、頻繁に取引をする人にもメリットが大きいです。ただ、信用で売り買いした株はずっとホールドしておくことはできません。半年で精算をしなくてはいけませんから、その時に損が出る位置に株価が動いていれば自動的に損切りがされてしまいますから、長期保有には向かないものです。半年以内の短期から中期の取引でメリットが最大になるシステムです。損が出てマイナスを支払うときには、追証という形で支払います。

信用取引のメリットは?


皆様は、信用取引を御存じでしょうか。これは何かと言うと、簡単には「資金を証券会社から借り、それで株式を売買すること」という金融用語です。これを初めて聞くと、とても危なそうに思える方も多いでしょうが、たくさんのメリットがあります。 信用取引の対義語として、「現物取引」があります。(これは皆様が株式と聞いて初めに思いつく、いわゆる普通の取引です。)現物取引は当然持っているお金の上限額までしか取引が出来ませんが、これではルール上、自分の所持する金額の3倍の量までの取引が出来ます。つまり、同じ値段の株を現物取引で購入した時の3倍の量の株を入手できるわけですから、株価が上がったときに売って得られる利益も3倍になります。 また、通常の取引では考えられないことも行うことが出来ます。それは、「空売り」です。これは何かと言うと、簡単に言うと「株を証券会社から借り、そしてそれを売る」と言うことです。そんなことは出来ないじゃないか、なんて思われがちですが、そんなこともありません。具体的な方法としては、 1 まず証券会社から株を借りる 2 借りた株を売る 3 売った株を買い戻し、証券会社に返し利益を得る の3ステップからなります。利益を得る仕組みは、例えば2の段階で株価が1株2000円だったとして、3の段階で株価が1株1000円になった(株価が下がった)とすると、2000円で売り、1000円で買い、証券会社に戻すことになるので、一株当たり1000円もの利益が得られるのです。気づいた方も多いでしょうが、株価が下がったら利益が得られるのです。 この他にもまだまだ信用取引にはたくさんのメリットがあるのです。